目が疲れた時

コンタクトをしたまま映画を観ている時、途中で目が疲れたと感じた場合は無理をせず途中でも目を休めましょう。映画館の場合は見逃すと巻き戻しができないので、つい無理をしてしまいがちです。しかしコンタクトをしたまま観る場合は、どうしても目に負担がかかりやすい状態になります。席を立つのが無理な場合は、少しスクリーンから目をそらし、目を休めてください。

家でDVDとして見る場合は、目が疲れたら一旦停止して目を休めましょう。面白いと一気に見てしまいたくなりますが、DVDなら後から見直す事もできますし、一旦停止して目を休めて、疲労が回復してから再開する事ができます。個人差もありますが、目を酷使すると眼精疲労から頭痛がする事もありますし、コンタクトをして長時間何かを見ると、眼精疲労を起こしやすくなります。

コンタクトをしている場合は、目を酷使しがちですから、調整ができる時は無理をせず目を休める事を優先しましょう。ワンデー以外でも、長時間の使用と映画鑑賞が重なる場合は、事前に目を休めておくか、メガネに変えるなど工夫が必要です。コンタクトを外す場合は使い捨てではない限り、外してからケースに保管するなど、衛生管理にも注意しましょう。